亀&KAT-TUNに元気をもらい、そして素敵な友達との出会いをもらってます

4/20 京セラ10Ks!

衣装セトリはナゴヤドームと変更なし1


8時ジャスト
暗転しライブスタート

GOLD、中丸はナゴヤドームでの片目双眼鏡をやめ、
刀を持ってた
たっちゃん煽り
「俺たちの船に乗る準備はできてるのかーっ!
 お前ら出航だぁーっ!」

リアフェ
メインモニターでhドクロの旗がヒラヒラの映像だったのが、
「舌打ちをする~♪」部分で亀のアップが映り「チッ」

BIRTH
生れ出た悲しみのBIRTH
からの~、ためてサングラスはずして舌舐めずり
「大阪ぁ~!!」

Dモ
下からのアングルで「体揺らして~」の亀モニターに映る(*´艸`*)

WHITE
一言あいさつ
亀「ヘイ、大阪~!
 いろんな想いを一つに、全力で着いて来いっ!」

PERFECT
トロッコがバクステから
1塁側に亀
スタンド向いてくれててガッツリ顔見た

春夏秋冬
最後のバーンの時、撃たれた全員で倒れたらおもろいと思った(笑)

MOON
後半スタンドマイクをまたまた担いでたたっちゃん

ネバアゲ
センステで「優しさだけじゃ♪…大阪あちぃ~(歌わずに)」

Will Be
2番歌い出し忘れてるゆっち


MC 18:49
亀「凄い暑いね!亀汁が出まくりだよ」

何をやるって言ってたのか忘れちゃったけど、
「俺がやる」「いや俺がやるよ」
「じゃあ、どうぞ」って言ってて
中丸「3人でやるとまさにダチョウ倶楽部ですね」
中丸「人数が減ったとか言うな!」
亀「この際さ、KAT-TUN倶楽部にする?」


財布を忘れて来たたっちゃん
飛行機で気付いた
中丸「有難いことにどうにかなるんですね」
上田「そうですね、この辺に(二人を指しながら)面倒見てもらう」
中丸「タチ悪いわ!」
上田「びっくりするもんですね、財布を持たないで出るって」

思い出話のフリからの財布忘れた話だったので

中丸「全然懐かしいエピソードじゃない」

亀「大阪って言ったらタコ焼きを食べる」
17~8でドリボで大阪来た時の話をして
中丸「17~8で舞台をやってたの?」
なって話をしている中、メガネを上げて汗を拭く中丸の姿に
なぜか会場が爆笑したら
中丸「100歩譲って、メンバーのイジリはいいけどお客さんのイジリは嫌」

笑ってよく話覚えてないけど、
外に出られないからたこ焼き買ってきてもらって食べてて
あるとき、塩タコとかネギポンとか出て来て
たこ焼きに癒されたと亀

中丸「大阪美味しい食べ物多い」
と膝ストレッチしながら話す
亀「なんで膝のストレッチしながら?」
イジるなとか言いながら何かする中丸が悪いみたいなこと亀が言ってた
後ろから見ていた上田は
「トイレ行きたいのかな?って思った」

昔のGOLDは、帽子とかかぶったりジャラジャラつけてた
あれやろうと思って名古屋で双眼鏡持ってたと説明する中丸
「全然ウケなかった」

亀「なんか筒もってるんか、杖持ってるんかって思った」
中丸「懐かし~!!それ~!!みたいな反応を期待してた」
上田「この人数でそれを確かめるの無理」
中丸「大阪公演変えました!刀持ちました!!」

中丸「高校生ん時のGOLDなんか持ちませんでした?」
亀「僕は、強い気持ちを持ってました」
上田「自分は、諦めない気持ちを持ってました!」
亀「中丸くんはいったい何を持っていたんだ?」
中丸「僕は、筒と刀を持ってました!!」


アルバム1位で、発信するとこうして受け取ってくれて…
と真面目に話す亀の横で水を飲む中丸
それを見て亀が
「突っ込まれたいのか、突っ込まれたくないのかはっきりしろよっ!」
何も考えてなくただ給水してた中丸

中丸「今日のMC思わしくない!」
ちゃんと謝ろうと言う亀と上田
亀「ステージでこんなことやりたくないんですけど、
 次出て来なくなっちゃうと困るから…」
上田「過去にほら、出て来なかったメンバーいるから」
中丸「やめろっ!」
亀「そういうのナシにしたいから、ちゃんと謝ろ!」
中丸「知らない人が何のことってネットで調べるから」
上田「俺みたいになってるけど、俺じゃないから」
亀「ちゃんと謝ります」
亀&上田「おじいちゃん、ごめんなさい」


上田の頬と首の傷は何だ?と中丸
上田「お前、忘れたの?お前がやたんじゃないか~」
亀「大丈夫か~!!上田ぁー!!」

名古屋でも描いてたけど、触れていいのかどうか
お客さんも気になってたかも
上田「お前の刀みたいなもん!」


亀「10周年ドームライブが出来るのも、来て下さる皆さんのお陰
 感謝してます、ありがとうございます」

中丸「九州の地震、まだ続いてる
 微力ながら何かできないかと募金箱を設置した
 皆様ご協力ありがとうございます」

亀「こうして集まれるのは当たり前のことじゃない
 今日来られなくなってしまった人もいると思う
 その人たちの分も僕らが全力で一つになって
 終わったら友達や知り合いに教えてあげて!
 後半戦も気を抜かずに一つになりましょう」

中丸「これからこの船に乗って
 KAT-TUNと時空の旅に出掛けたいと思っています」

亀「いや、その話聞いてねぇな~!ちょっと待って!!」
中丸「カットインするのなしにしよ~ぜ、今後」
亀「はい、わかりました~」ハケる
中丸「頼むよ~!し辛くなった」

時空の旅のクダリもう一回の中丸(笑)


19:09

ボイパ中丸のテロップ少し違っていたかな
中丸クリニックでは
青のりアターック!!の亀

ラブユア
最後ドクロサングラスと亀団扇
「ま、ま、まぶし~」
「はい、亀梨和也ショートコントでした!」

ランフォ
歌い終わって暗転
亀「ドロン」

TEN-G

時計音源録音
中丸「わっ!朝だ!起きろ起きろ!起きろ!わっヤバいヤバい
 もう時間だって、起きてよ、起きてって!起きてよ、起きてよ!
 起きなくていい、もう寝よ!今日はもう寝よう!
 き~めた、今日はもう寝ましょう!おやすみなさ~い!
 中丸雄一です」

亀「早く起きろや~!遅刻するでぇ~!
 はよしぃや~!たこ焼きが出来るでぇ~!
 先に行ってもええんか?じゃあ置いてくで、あー置いてくで!
 早く起きや!外で待っとるで(囁く) えへっ」

上田「おい、起きろって!朝飯できたぞ!
 お前のために作ったんだからさ~!
 掃除もしたよ!お前が起きて準備万端な感じに(が)がして
 早く起きろって!!早くしろって!
 タコ焼き冷めんだろ~が~(怒鳴る)」

3人verあれこれ打ち合わせ
あーだこーだ
ボイパやろう
英語っぽいのがいいとか
訳分からん(笑)
でも録音失敗して録りなおす
「ブツカブツカ KAT-TUNライブin大阪
 起きろ~~~!!」


UNLOCK
山猫サングラスの亀

プレワンは泣ける~(ノ_・、)


中丸挨拶
「楽しい時間はあっとう間に過ぎてしまいました
 KAT-TUNは大阪にはとてもお世話になっていて
 今年のツアーこうして大阪に来れたこと嬉しく思います
 次は会うタイミングがいつになるかわかりませんが、
 またこういった場所でお会いできるのを
 目標として頑張っていきたいと思います」

20:27


アンコール

最後の挨拶
上田
「KAT-TUNというグループの10周年ライブに
 これだけ多くの方が来て下さり感謝してます
 メンバーが抜けたりで一緒にファンの方々も
 船から降りてしまった方々もいると思います
 でも、記念すべきライブにこんなに沢山の人が
 集まってくれたことに僕たちKAT-TUNは感謝しています
 5/1をもって、覚悟をもって充電期間に入ります
 充電期間といっても皆さんは充電している時間はないというか
 一緒に闘ってくれたら嬉しいなと思います
 僕たちのメンバーがソロで活動しているとき、
 みんなが一つになって応援してくれることで
 KAT-TUNという船が動きだすことを信じています
 そのためにはみなさんお力が必要です
 僕たちはもっともっと成長して、
 たくさんの人たちに笑ってもらえたらと思ってます
 だから一緒に闘ってください
 あんまり待たせ過ぎちゃうとみなさん黄色い声出なくなっちゃうからね
 なるべく早く帰って来ます」

中丸
「特殊なツアーだったので、考えることがあったんですけど
 みなさんに支えられた10年だったなと思いました
 みなさんにも悲しい思いとかさせて試練の多かった10年だなんと思うけど
 その分学んだこととかあると思ってます
 5/1から充電期間に入りますけど、
 モチベーションを今と変わらず持ち続けながら
 各々の活動をしたら先が見えて来るのかなと思います
 心配なのが、グループ活動gなくなると、
 みなさんの前に立つ機会がなくなってしまって
 みなさんと僕らのコミュニティが薄れて行くのが心配
 ジャニーズwebとか会報を通してとか個々の活動とかを
 チェックし続けてもらいたいし、その先に楽しいことが出来るようにと
 思ってやっていると思ってもらえたら幸せです
 楽しかったです、11年目のKAT-TUNもよろしくお願いします」


「みなさん、本日はホントに楽しい時間をありがとうごxざいました
 今回、10周年ということで、10Ksという想いを胸に
 名古屋、大阪、3days東京と回らせてもらいます
 デビューして10年ですけど、KAT-TUNというグループはその前から
 長くメンバーと一緒に共有しながら進んで来ました
 思いもよらないことでみなさんを悲しませてしまったり
 心配をかけてしまったりの10年でしたけど
 こうして自分自身がKAT-TUNとしてここで話せてるのは
 みなさんの存在のお陰で、僕自身が本当に感謝してます
 10年やってく中で、KAT-TUNを好きな自分でいたいという
 ことを常に意識しながらやって来ました
 ちょっと弱気になりそうな時も、振り返ってみると
 ファンのみなさんのお陰で、KAT-TUNが好きな自分でいれたり
 KAT-TUNと向き合える自分でいれたこと感謝しています
 10周年なのに、こうした覚悟をみなさんに理解してもらうというのは
 色々意見もあると思いますが、KAT-TUNのメンバーとして
 自分自身もこのグループに力を注いで、
 このグループにしかできないことパワーをためて
 またこの船に乗りたいなと思いますので、
 とにかく着いて来てください
 そしたら、また一緒に色んな景色が見れるのかなと思います
 そんな想いを忘れずに、今年の1年というのを過ごしてくれたら
 嬉しいと思います」

です、ますで話していたと思います
走り書き、読めない字を思い出し
出来る限り発した言葉をまんまメモしましたが、
抜けや聞き間違いもあるかと思います
その辺りはご了承くださいm(__)m


映像終了 20:55

Wアンコ

拍手は今回も楽曲にも
「10年間自分たちと歩んでくれた数々の楽曲にも」

亀、投げチューでハケる
そのあと中丸も投げチューしてた(笑)



21:05頃 終了







web拍手


[ LIVE 2016「10ks!」 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?